恋肌(こいはだ)は、今人気の全身脱毛サロン!

そんな恋肌に通っていく中で、予約の日に予定が入りそう…いきなり生理になっちゃった!?なんてことありますよね。

今回は、恋肌(こいはだ)の予約のキャンセルや変更について、まとめてみました。

恋肌(こいはだ)のキャンセル・変更期限は?

 

恋肌(こいはだ)のキャンセルの方法は、2つあります。
それぞれの方法によって、キャンセルの期限が異なります。

店舗に電話…予約3日前の13時まで
オンライン…予約前日の18時まで

 

この期限までに予約をキャンセル・変更すれば、特に手数料などはかかりません。

また、期限内であれば何度でも予約のキャンセル・変更ができます。
オンラインの方が負担も少なく変更期限も長いので、オンラインからの予約キャンセルがおすすめです。

期限を過ぎてキャンセル・変更したらどうなるの?

 

予約期限を過ぎてからキャンセルをした場合は、施術が1回消化された扱いになります。回数の限られている脱毛コースでは、1度が無駄になってしまうと大きな痛手ですね。

また、月額制コースでは行かなかったとしても月会費がかかってしまいます。期限を超えたキャンセルは、月会費がかかるか、1回分の消化の扱いになります。

無断キャンセルはどうなるの?

 

無断キャンセルは、上の期限を過ぎてから、キャンセルした場合と基本的には同じです。特にペナルティなどはなく、ただ施術が1回消化扱いになってしまいます。

つまり、予約前日の18時を過ぎてしまうと、連絡しようがしまいが同じ扱いになってしまいます。

でも、キャンセルの連絡は最低限のマナー。
店舗のスタッフさんを待たせると悪いので、できるだけ連絡してあげるようにしましょう。

その他のありがちパターン

生理になっちゃった!

 

恋肌(こいはだ)では、生理中の方はVIOラインを施術することができません。しかし、それ以外の部位はいつも通り施術することができます。

できるだけ生理がかぶらないように予約するのがベストですが、どうしても当日生理になってしまった場合は、VIO以外だけでも施術してもらうのがおすすめです。

 

遅刻しそう…

 

遅刻しそうな場合は、速やかにサロンに連絡しましょう。

多少の遅刻でまだ施術に十分な時間がある場合は、時間いっぱいまでできる限りの部位を施術してもらえます。

ただ、なにも言わずに遅刻していくと、キャンセルと見なされて次の人を案内してしまう場合もあるので、サロンへの連絡は必須です。

そうなると、当日キャンセル扱いとなり、1回分消化されてしまうので注意が必要です。

まとめ

恋肌(こいはだ)の予約のキャンセル・変更方法についておわかりいただけましたか?
恋肌(こいはだ)は、なんと前日の18:00まで予約の変更が可能という良心的なシステム!

お客様目線の気遣いのあるサービスが、人気の秘密なんですね☆

そんな恋肌なら、いざというときのキャンセルもばっちり!

安心して通うことができます☆(*^▽^*)